【勝川駅前クリニックモール勝川】眼科専門の女性医師が診察しております。白内障日帰り手術,レーザー治療,糖尿病網膜症,緑内障の治療
サイトマップ
お問い合わせ
ホーム クリニックのご案内 診療のご案内 コラム Q&A リンク アクセス
 

コラム

本当は怖い眼鏡・コンタクト選び
 
 単なる近視と思い込んでいませんか?
 眼鏡・コンタクトレンズを買うときに眼科検診を受けることはとても重要だと思います。初めての方にはコンタクトレンズを作るにしても眼鏡を作るにしても見にくくなった原因は何かを正確に把握する必要があると思います。
遠くが見にくくなったイコール近視とは限りません。遠視の方でも遠くが見にくいこともあります。また、眼鏡やコンタクトレンズによる視力矯正だけでは解決できない視力低下もあります。今まで使っている方も、近視、遠視の進行だけなのか、初めての方同様に屈折異常以外の要因による視力低下なのか把握しておく必要があると思います。
 
 緑内障をご存知ですか?知らないうちに進行します
 目の病気の中には正常眼圧緑内障(ホームページの“診療のご案内”の“緑内障”のページ参照)のような痛み、かゆみなどの自覚症状が出ないにもかかわらず放置していたら病状が進行していく病気もあります。私自身も、眼鏡店に勤めていて視力等特に問題なく度数もきっちり合っていたのですが、たまたま結膜炎になって眼科を受診したところ「緑内障の気がるよ。」と言われました。検査値には問題が何もなかったのですが目の奥を見てもらったらこういう結果でした。やはり、目の隅々まで見てもらえたからこそ早期に発見できたと思っています。そういう病気を早期に発見して治療していくことが出来るようにするためにも眼科検診を受けることをお勧めします。
 
 使い捨てコンタクトレンズはお手軽で安価ですが
 コンタクトレンズにおいては、使い捨てレンズがよく売れていて、インターネットなどで簡単に入手出来るようになっていますが、とても危険な事だと思います。
使い捨てレンズを例に挙げてお話をさせて頂くと、使い捨てレンズはソフトレンズになりますのでちょっとした軽い異常は自覚症状が出にくく、自覚症状が出たときにはかなりひどい状態になっていてコンタクトレンズの装用を中止しないといけなくなる場合が多いです。
 最悪の場合コンタクトレンズそのものを装用出来なくなり、眼鏡でも今までのような快適な視力が得られなくなることもあります。
 便利なものは正しく使っていれば快適にいろいろな事を楽しむことができます。しかし、使い方を間違えれば凶器と化します。コンタクトレンズも同じことが言えます。よりコンタクトレンズを快適に使っていく為にも購入時には眼科検診を受けて購入しましょう。
 
 体のことすべてにおいて言えることですが、早期発見、早期治療が皆さんの生活をより楽しく快適なものにすると思います。何か不具合を感じたら我慢をせずに専門医師に相談しましょう。

| BACK |